読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

似非プログラマのうんちく

「似非プログラマの覚え書き」出張版

よくわかるかどうかわからない現代魔法(その 4)

今回はまとめです。

今までプログラミング言語の話を「魔法」にまつわる言い回しを用いて書いてきましたが、改めてプログラミング言語(C 言語)の言葉に置き換えるとだいたい以下のようになります。

「魔法」用語 C 言語の用語
魔法 プログラム本体
魔導書 ヘッダファイル
呪文 関数、メソッド
呪文に書き添えるもの 引数
魔法を完成させる コンパイルする
魔法を発動させる プログラムの実行
ルーン文字 変数*1
特性 データの型
(呪文やルーン文字の)効果 関数の返り値、変数の値
ルーン文字そのものを受け入れるルーン文字 ポインタ変数

といったところで、魔法ネタがそろそろ尽きて参りましたので、このシリーズは一旦打ちきりといたします。気が向けば続きを書くかもしれません。

*1:一部では「書式文字列」の意味で使用。