読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

似非プログラマのうんちく

「似非プログラマの覚え書き」出張版

Memcached をインストールする

Python シリーズ番外編で Memcached のインストール方法を紹介します。

Windows の場合

こちらが参考になります。

Windows で Memcached を使う - make world

memcached-win64-1.4.4-14.zip をダウンロードしてきて適当なフォルダ(例えば C:\memcached) に解凍します。

あとはコマンドプロンプト

C:\memcached\memcached -d install
C:\memcached\memcached -d start

いささか古いバージョンになってしまいますが、最新のものを Windows でビルドする方法が良く分からないのでパス。

これを利用するとビルドできる*1っぽい ?
GitHub - LukeCarrier/windows-memcached: Abandoned attempt at getting memcached built on Windows

Fedora の場合

sudo dnf install memcached
sudo systemctl enable memcached
sudo systemctl start memcached

こちらも若干古いバージョンですが、最新版より少し遅れているだけなので大きな問題はなさそうです。あとは適宜 sudo dnf upgrade しておけば、更新が来た段階でアップデートされますし。

一応自前でビルドも試しましたがいまいちでした。他のディストリビューション(CentOS, Ubuntu, etc..)ではまた少し事情が変わってくるかもしれませんが。

*1:しかし作者は「Windows はひどいサーバープラットフォームだからこれは使うな」と言っている